画像 画像 画像 画像
画像

甘くない乳酸菌飲料はあるのか

今では健康を考えている人が多くなってきており、様々な健康対策を実践されていることかと思います。
もし健康を考えているのでしたら、とにかく腸内環境を改善してあげることが非常に重要なことと言えます。
善玉菌を増加させ、免疫力を高めることによって、様々な病原菌から体を守ってあげるようにしましょう。

善玉菌の代表格とも言える「乳酸菌」を包含している食品と言いますと、やはりヨーグルトの存在を思い浮かべる人が多くいらっしゃることでしょう。
最近におきましては、ヨーグルトだけに限ったことではなく、乳酸菌を摂取することの出来る様々な食品が販売されています。
自分が摂取をしやすいタイプのものが良いかもしれませんが、シンプルに摂取することの出来る飲料タイプを選びたいと思っている人も多いかもしれません。

そんな乳酸菌を包含している飲料というのは、大きく分けますと「飲むヨーグルト」「乳製品乳酸菌飲料」「乳酸菌飲料」といった3種類に分けることが出来ます。
飲むヨーグルトというのは、一般的なヨーグルトを混ぜることで液状化させ、糖分や果汁などと加えたものとなりますので、ヨーグルトと同じ発酵乳ということになります。
発酵乳をベースとして糖分や甘味料、そして香料などをプラスしているのが「乳酸菌飲料」となっており、他にも無脂乳固形分と乳酸菌数の違いにより「乳製品乳酸菌飲料」と区別することが出来ます。

基本的に糖分が含まれていますので、甘みがありますが、最近では甘みを抑えたローカロリータイプの乳酸菌飲料も発売されており、女性を中心として大変支持されています。
飲みやすが最も大切なことかもしれませんが、栄養面から考えますと、「発酵乳」に分類されることになる飲料タイプの方が良いかもしれません。
パッケージを確認してみますと「発酵乳」「乳酸菌飲料」のどちらかが記載されていますので、購入する際には必ず確認をするようにしましょう。