画像 画像 画像 画像
画像

乳酸菌を含む食品を取るのに効果的な時間帯

乳酸菌は腸内環境改善に高い効果をもたらせてくれる大切な菌です。
そんな乳酸菌の効果をさらに向上させるために、乳酸菌を摂取するタイミングが非常に重要なことになります。
この摂取する最も良いタイミングとして知られているのが、食事をした後に乳酸菌を摂取することです。

このタイミングで摂取することによって、腸内において効果的に作用してくれるとも言われているのです。
どうして食後のタイミングで乳酸菌を摂取すると高い効果を期待することが出来るのかと言いますと、乳酸菌というのは生きている状態のみでしか腸内においての効果を期待することが出来ないとも言われており、生きている状態で腸まで届くことによって腸内に増殖をしてしまった悪玉菌を減らすことができ、酸を発生し悪玉菌の増殖をすることが出来ない環境作りとして、余分な脂肪分などを吸着し、体外へ排泄する整腸効果が向上したり、また免疫細胞を活発にしてくれるのです。
口から摂取をした物はどんなものでも同じですが、胃の中によって分解されることになり、腸内にて消化され吸収されることになります。

この胃においての分解作用というのが、乳酸菌を腸内へ生きている状態のまま届けることが出来るのかということが左右され、乳酸菌というのは酸に非常に弱い性質を持っており、胃の中で摂取されたものを分解する為に胃酸を分泌することから、その結果としまして、乳酸菌というのは腸内に届く前に死滅してしまうことになります。
しかしこの胃酸についてですが、空腹時に多く分泌され、また満腹時になると分泌が弱くなる性質を持っていますので、胃酸の分泌が弱くなっている食後のタイミングにて乳酸菌を摂取することによって、少しでも腸に生きた状態で乳酸菌を送る確率が高くなるワケです。
ただし、現在におきましては胃酸から守る特殊加工されている乳酸菌も出てきており、この乳酸菌というのは特殊加工により、空腹時に摂取をしたとしても、胃酸の働きで分解されず、そのまま腸内にまで届き、腸内にて発芽し効果を発揮することが出来る非常に優秀な乳酸菌なのです。
乳酸菌サプリメントのランキングサイトがこちらにあります。
サプリメントタイプには1種類ではなく、何種類もの乳酸菌が配合されていますのでサプリメントで簡単に摂取してみてはいかがですか?

▼最近体型が気になる...という方はこちら