画像 画像 画像 画像
画像

腸内環境を整えよう

腸には無数の菌が棲んでいます。
それらは大きく分けて三種類に分類することが可能で、身体に良い働きをしてくれる善玉菌、悪さをしてしまう悪玉菌、どちらの見方になることもある日和見菌。
この内、特に重要になるのが善玉菌と悪玉菌です。
日和見菌は、この二つのうち優勢である方に見方することが多いと考えられています。

善玉菌と悪玉菌のどちらが優勢であるか・・・ということは人間の身体の調子を大きく左右する要因。
だからこそ、乳酸菌サプリを活用するなど常に腸内に善玉菌が優勢になる様な工夫が必要なのです。

善玉菌が優勢な状態なら、身体には良い事ばかり。
太りにくく痩せやすい体質になり、ダイエットにも効果が発揮されたり、肌の調子が上向きになり、若々しい美肌をつくることも可能になります。
もちろん、便秘にも下痢にも無縁の状態。
免疫力も高まり、不調に悩むこともなくなるはずです。
お腹がはることもなくなり、常にすっきりとした爽快な状態になるので、精神的にも元気になれますよ!

逆に悪玉菌が優勢になってしまうと、身体には悪影響が多くなります。
腸の調子が悪くなり、老廃物がお腹の中に常に停滞するような状態になってしまうので、肌質も徐々に悪くなっていきます。
便秘によってニキビなどの肌荒れも生じる様になり、肌がくすんでしまうのです。
さらに、免疫力が低下するなどの悪影響も生じます。

悪玉菌を減らして、善玉菌を増やすには乳酸菌サプリを活用するほかにも、生活習慣を整えるなどの工夫が可能です。
睡眠不足になってしまったり、運動不足になってしまうと、悪玉菌が増えてしまうので注意しましょう。
逆に質の良い睡眠をたっぷりと取り、運動にも継続的にも取り組むことができれば、腸内環境は徐々に良くなっていきます。

食事内容を見直すことも重要です。
食事では食物繊維をたっぷりと取ることが大切。
食物繊維は腸内の汚れを吸着して、そのまま排出されるという特徴があるので、悪玉菌が増殖しにくい状態をつくることができます。

食物繊維が豊富に含まれている食材としては海藻が挙げられます。
昆布やメカブなどが代表的な例です。
この他には、乳製品や発酵食品もおすすめ。
腸内環境を整えてくれる効果があります。
キムチやチーズ、牛乳やヨーグルト、納豆などが最適でしょう。

これらの工夫に加えて乳酸菌などのプロバイオティクスを摂取するのが理想的と言えます。
もちろん乳酸菌は毎日欠かさずに摂取するようにしましょう。