画像 画像 画像 画像
画像

乳酸菌は歯を溶かしてしまう?

整腸効果が認められている乳酸菌を含むヨーグルトを食べたり、また乳酸菌飲料を飲み続けていることによって虫歯になることがあると言われることがあります。
このように考えている人というのは、虫歯になってしまう原因のことを乳酸菌に関連付けてしまい、乳酸菌が虫歯をさらに促進させてしまっていると考えている傾向にあります。
しかしこれは結論から言わせていただきますが、虫歯になってしまう原因と乳酸菌の関連性は全くありません。

また乳酸菌というのは虫歯を促進させることもありませんのでご安心ください。
そもそも虫歯の原因というのは、ヨーグルトや乳酸菌飲料などに含まれている大量の砂糖が大きく関係しているのです。
さらにヨーグルトや乳酸菌飲料というのは粘着質となっているために、大量な砂糖が含まれているヨーグルトや乳酸菌飲料というのは歯に長時間付着している状態となってしまうことから、虫歯になりやすいなどと言われているのです。

腸内におきましては、善玉菌と悪玉菌が共存しており、そして口の中についても実は善玉菌と悪玉菌が存在しているのです。
虫歯になってしまう原因というのは、この口の中に存在している悪玉菌の中には乳酸菌などといった善玉菌と似ている働きをしているミュータンス菌と呼ばれる悪玉菌が存在しているのです。
ミュータンス菌というのは、乳酸菌と同様であり、糖分を分解し、酸を作ります。

この酸の効果により歯が溶けてしまうことになりますので、その結果虫歯になってしまことになるのです。
これら一連の作用というのが乳酸菌と同様となっているために、悪玉菌のミュータンス菌を乳酸菌と勘違いしてしまい、「乳酸菌は虫歯の原因」という定説が根付いてしまっているのでしょう。
この様に大きな勘違いをされてしまっている乳酸菌なのですが、むしろ乳酸菌を体内に取り入れることによって、虫歯を予防することに繋がっているのです。
虫歯予防としても乳酸菌を飲み続けるのも良いかもしれませんね。