画像 画像 画像 画像
画像

便秘解消の一工夫

乳酸菌を活用しようと考えている人には、現在、便秘に悩んでいるという人が多いはず!
もちろんプロバイオティクスはお腹の調子を改善する為の必需品ですが、そこにプラス要素として、ちょっとした工夫をしてあげることによって、さらに順調に便秘を解消していくことが可能になります。
ここでは、そんな排便トラブルを解消するアイディアをまとめました。

まず第一にチェックして欲しいのが「水分の摂取量」です。
腸の状態が悪い人に多いのが、日頃から水分を十分に摂れていないというケース。
水分が不足していると、腸内に蓄積されている老廃物が凝り固まってしまう可能性が高くなります。
その為、普段から水分はしっかりと補給する様に心がけましょう。

特に朝起きた直後には、冷たい水を一杯飲むことがおすすめ。
起床直後に水を飲むことで腸に「朝がきた」という合図を送ることができます。
これによって腸は一日の仕事を開始してくれるのです。
朝は最も腸のぜん動運動が活発になる時間帯で、朝のぜん動は「大ぜん動」と呼ばれるほど大きなものです。

朝食を抜いてしまったりすると、腸に目覚めの合図を出すことができず、この大ぜん動が始まりません。
そういった理由からも朝食は抜かずにしっかり食べるのが腸にとっては理想的です。

また、冷たい水を飲むのは起床後の一回だけにしておきましょう。
その他のタイミングで「冷たい飲み物・食べ物」を摂取してしまうと、逆にお腹が冷えて腸の動きが弱まってしまいます。
ややこしい所ではありますが、しっかりと覚えておきたいですね。

さらに朝の注意事項として覚えておきたいのが「便意を我慢しないこと」です。
朝は通勤・通学で何かと忙しい時間帯。
それ故に便意があっても我慢してしまう人が多いのですが、これは腸にとって悪影響。
便秘の原因にもなってしまうので気を付けましょう。

この他に意識しておきたいのは、食事のメニュー。
脂っこいものや肉類は腸内に悪玉菌を増殖させてしまいやすいので、あまり食べ過ぎない様にしましょう。
逆に野菜類は食物繊維によって腸内をキレイに掃除してくれる効果を持っています。
積極的に摂取したいですね。

肉類と同様に甘いもの、特に砂糖の摂り過ぎは控えなければいけません。
砂糖も腸内では悪玉菌を増殖させる原因になってしまうからです。

これらの一工夫と同時に乳酸菌のサプリを使ってみてください。
もちろん、タブレットタイプでも粉末タイプでも、どちらでもOKです。
自分に相性の良い方を選んで、毎日欠かさずに飲み続けるというのが大切ですよ!