画像 画像 画像 画像
画像

抗生物質を摂取している時に乳酸菌を取ると良い?

抗生物質というのは、非常に多くの感染症、また疾病の原因となる気管支炎や肺炎、中耳炎、そして傷口の化膿などといった治療に使用される優れた抗菌物質となります。
この抗生物質を服用することによって宿命的に現れてしまうのが副作用としての下痢が挙げられます。
抗生物質というのは血流と一緒に全身に効果を与えてくれますので、腸内細菌も殺してしまうことになります。

このことから腸内環境のバランスが乱れやすい状態となってしまい、下痢の症状を引き起こしてしまいます。
抗生物質を使用する場合には、整腸剤を処方することになりますが、これは乳酸菌製剤を主な成分としているものとなります。
整腸剤の主な成分というのは、抗生物質に耐性を持たせることになる乳酸菌などが使用されることになります。

下痢に対しての予防目的としましては、市販されている乳酸菌なども十分な効果を期待することが出来るのです。
抗生物質を使用する前から、下痢予防を考えて乳酸菌をきちんと摂取することによって、下痢に対して大きな効果を期待することが出来るのです。
主に腸内環境のバランスが乱れやすい乳幼児や高齢者などといったものは、抗生物質の治療をする前から乳酸菌を摂取することが大切です。

そして抗生物質を服用することによって引き起こすことのある副作用としましては、腸内細菌の死滅してしまうことで細菌が供給をしていたビタミンBやKなどが不足してしまう事があります。
このことから抗生剤投与をしている時には、粘膜の組織が弱まってしまい、肌荒れを起こしたり、口内炎、出血などといったものを併発してしまうのです。
もし抗生物質を服用する場合にはビタミン欠乏を防止するためにも乳酸菌製剤と一緒にビタミン類の多量投与をする必要があります。

乳酸菌というのは、腸内細菌で死滅してしまった不安定となってしまっている状態を改善させる働きを持っています。
さらに抗生物質を服用することによって、殆どの体内細菌というのは死滅してしまうことになります。
こんな抗生物質耐性菌の活性を抑制するためにも乳酸菌の投与が必要なのです。