画像 画像 画像 画像
画像

乳酸菌と腸の働きの関係

ヨーグルトなどといった乳酸菌食品というのは、ガンを予防する効果があることがわかっています。
過去の実験におきましては、ガンの腫瘍細胞の増殖に対して直接抑制させる効果が乳酸菌生産物質に存在していることがわかっているのです。
しかし乳酸菌を経口投与しますと、ガン細胞の抑制効果というのは、さらに顕著となり、なんと25%以上という延命効果が発見されたのです。

この事実というのは乳酸菌によって腸内環境を改善させ、免疫力を向上させたことが原因と考えられているのです。
免疫力に関する見解では、その多くが腸内環境にあると現段階では考えられているのです。
腸の中には100兆を超えている微生物が生息しており、相互にバランスを維持しながら生活をしています。

各種微生物というのは、食物の分解吸収の段階において、有用な物質を作ったり、またガンの誘導物質などといった有害物質までも作っているのです。
健康的な腸内におきましては、体に良いものは全て取り入れ、そして悪いと判断されたものは解毒したり、また排泄したりといった仕分けをする働きがあります。
この仕分けというのが免疫力の基礎であると考えられているのです。

腸というのは血管が直接繋がっていますので、有害物が進入をしてくることで、すぐに白血球がサポートしてくれます。
そして白血球は一度でも有害物を分解しますと、抗体を生成することになります。
さらに抗体が出来ることで、その次にもし有害物質が侵入してきた時にも迅速に無毒化させることが出来るのです。

難しいかもしれませんが、腸管免疫というのは、このような仕組みによって成り立っていると言われています。
そしてヨーグルトなどに含まれている乳酸菌成分というのは、インターフェロンといった生成物質の体内における合成を促進させ、ナチュラルキラー細胞を活性化させると言われています。
さらに乳製品に含まれているラクトフェリンに関しても、ガン細胞に対する自滅作用があるのです。

こちらには、ダイエット効果や美容効果、病気の予防や改善効果など自分の症状に合わせた乳酸菌の選び方が載っています。
自分に合った種類の見つけ方も載っていますので、是非ご覧ください。