画像 画像 画像 画像
画像

こんな習慣を避けよう

便秘を解消する為には、日常生活でもいくつかの部分に気を付ける必要があります。
もちろん、便秘の自覚がない場合でも腸の状態が悪化しているケースは多く、その場合、放置してしまうと腸に有毒物質が徐々に溜まってしまうことになります。
腸が汚くなると、健康だけでなく美容面にも悪影響が生じてしまうもの。
ここでは、そうならない為にも忘れてはいけない日常生活で気を付けたい部分を解説します。

こんな部分に注意

例えば、夜更かしというのは一番気を付けたいポイント。
夜は本来、自律神経の副交感神経側が活発になるタイミングです。
そのタイミングで腸は活発に働きます。
睡眠不足や夜更かしは自律神経を乱してしまいますから、腸が働きにくくなり、便秘の原因になってしまうのです。

また、夜更かしと同時に「夜の暴飲暴食」も避けましょう。
胃が空っぽの状態になっているときほど、腸は排便しやすくなります。
これは胃の状態に応じてホルモンの分泌が生じるから。
その為、夜間に暴飲暴食してしまうと寝ている間も腸が休止モードになってしまうのです。
先述した様に、夜寝ている間は一番腸が活発に動く時間帯。
その時間帯に休止モードになってしまうと、便の排出が上手くいかなくなってしまいます。

食事という部分では、外食や洋食が多いというのも問題です。
野菜をあまり摂らない食生活を送っていると、食物繊維が不足しがちになってしまいます。
腸のぜん動運動を促進して腸を掃除する役割を持った食物繊維が不足してしまうのも、便秘の一因ですから注意しましょう。

さらに、意外かも知れませんが「朝食をとらない」というのも便秘の原因になります。
一日のうちで最も大きな蠕動運動が起きるのは朝。
朝食が腸の大ぜん動のキッカケになります。
そんな大切な意味を持つ朝食を抜いてしまうと、便の排出が滞ってしまうことに。
朝ごはんは少量でも必ず食べるように心がけましょう。

ただし、甘いものは避けるべき。
ダイエットにはもちろん不向きですし、朝から甘いものを食べると血糖値が上がりやすくなります。
砂糖は腸内に悪玉菌を増やしてしまう原因にもなりますから腸のが汚れやすくなってしまいます。
朝だけでなく、一日を通して、甘いものは食べ過ぎない様に気を付けましょう。

もちろん、この他にも気を付けたいポイントはあります。
運動をするかしないかは腸の調子だけでなく、生活習慣病のリスクを急増させることにもなってしまいます。
その点に関してもしっかりと気を付ける必要があると言えるでしょう。