画像 画像 画像 画像
画像

便秘と乳酸菌の関係

皆様も雑誌やテレビなどといった各種メディアにて、乳酸菌を摂取することによって、便秘に対して高い効果を期待することが出来るということを、見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか?さて、そもそもどうして便秘の症状を引き起こしてしまうのかということですが、便秘というのは生活のリズムが大きく関係してきてはいるのですが、現代社会におきましては野菜をそこまで食べることなくお肉料理をメインにして食べている食生活、また美しさを求めて過剰とも言えるダイエットなどを実践し、小食になりがちな食生活、そして精神的なストレスを多く抱えこんでしまっている方、忙しくて運動不足になってしまっている方など、便秘を引き起こしてしまう原因には様々挙げることが出来ます。

普段から野菜をきちんと食べている方というのは、野菜に元々含まれる食物繊維を十分に摂取することが出来ていますので便秘を引き起こしにくいと言われており、この食物繊維は腸によって消化されることなく便として排泄されることになるのですが、その時に腸に蓄積されてしまっている有害な物質も一緒に排便してくれますので、善玉菌が生活しやすい環境を作ってくれるのです。
しかし逆に野菜をあまり食べないお肉料理がメインの食生活を続けてしまいますと、脂肪分とタンパク質が過剰に吸収されてしまうことになり、これらを餌としている悪玉菌を増殖させてしまうことになります。
そうなりますと、悪玉菌というのは腸内に硫化水素やアンモニアなどといった有害物質を生成してしまうことになり、腸の運動機能が低下し、排便が出来なくなり便秘の症状を引き起こしてしますのです。

このような状態を改善させるためには、とにかく悪玉菌の増殖を抑えることが大切であり、善玉菌の増殖を促進させる乳酸菌の摂取が必要です。
乳酸菌をきちんと毎日摂取することによって腸内環境が改善され、効率的に排便を託してくれるのです。
是非サプリメントで乳酸菌を摂取し、便秘に悩まされない日々を送りましょう。

▼おすすめの摂り方はこちら