画像 画像 画像 画像
画像

乳酸菌の効果と効能

老化というのは、年齢を重ねてしまうことによって、必ず身に起こってくる避けては通ることの出来ない事柄の一つとなりますが、出来ることでしたら、年齢を重ねていったとしても老化を抑制し、若々しく見られたいと多くの方が願望を持っていることかと思います。
近年では実年齢よりも若さを維持することを目的としているアンチエイジングと呼ばれるものが、テレビやインターネットなど様々なメディアにて注目されてきています。
このアンチエイジングをするにあたって、直接的にお肌へのスキンケアのみを気にしている方が多くいらっしゃいますが、もしアンチエイジングをして老化防止を求めているのでしたら、お肌のスキンケアだけではなく、常日頃から栄養バランスの良い食事を心掛けること、そして乳酸菌をきちんと取り入れることが大切なのです。

腸内には腸内細菌が存在していますが、この腸内細菌が私達の身体の老化に大きく関係を持っているのです。
そもそも腸内細菌には「善玉菌」「悪玉菌」の2種類が存在しており、生まれたばかりの赤ちゃん時には、腸内に善玉菌しか存在していないとも言われているほど腸内が綺麗で若々しく健康的な状態となっているのですが、加齢によって徐々に腸内も老化が始まってきてしまい、善玉菌が一気に減ってきてしまうのです。
実際に赤ちゃんのお肌を触ってみるとよくわかりますが、腸内が非常に良好なことから、スベスベしていて、またもちもちがあり弾力もあります。

しかし年齢を重ねていくことによって、腸内に悪玉菌がどんどん増殖してしまうことになり、異常発酵を引き起こしてしまし、その結果活性酸素が増加し、腸内にて有害物質を作ってしまいます。
そしてお肌に弾力を失ってしまうことになりカサカサしたハリのないお肌を作ってしまうのです。
この様な事実があることから、「腸内環境=肌年齢」と言えるかもしれません。
乳酸菌を取り入れることで、これらの状態を改善することに繋がるのです。

現在、乳酸菌と認められている種類だけでも何百種類もあります。
その中から自分と相性の良い種類を見つけて摂っていくことが大切ですが、生きたまま腸に届きやすい種類を摂ることも大切です。
乳酸菌というのは胃酸に弱く、摂取してもほとんどが腸にたどりつく前に死滅すると言われています。
http://bioplastek.com/tainaidesimetu.htmlにもあるように死滅しても違う役割があるのですが、
生きたまま腸に届けないと本来の効果は期待できません。
なので、近年では胃酸に強い乳酸菌が多く開発されています。
なので、そういった種類の中から自分に合った種類を見つけていくと良いでしょう。

こちらには、女性に嬉しい乳酸菌のダイエット効果について解説されているサイトがあります。
他にも乳酸菌は、体調管理http://www.shikake-ehon.jp/、アンチエイジングhttp://www.takara-ks.jp/にも役立ちます。