画像 画像 画像 画像
画像

プロバイオティクスの良くあるギモン

プロバイオティクスに関する良くあるギモンにお答えしていきます。

Q:乳酸菌を摂れば食物繊維は要らない?
A:いいえ、食物繊維も必要です!

乳酸菌サプリを摂っていれば普段の食事内容は気にしなくても良い・・・ということにはなりません。
食物繊維や水分もたっぷりと摂取しましょう。
特に食物繊維に関しては、不溶性と水溶性の二種類がありますから、この二つをバランスよく摂ることを意識して!
食物繊維は根菜やキノコ、海藻、乾物などに多く含まれています。


食物繊維の働きは水分を吸収するというもの。
これによって便の量を増やしたり、腸壁を刺激して蠕動運動を促してくれます。
腸内の毒素を吸着してくれるというのもメリットです。
(厚生労働省によれば、食物繊維の一日あたりの摂取目安量は17gと言われています。)

Q:どれくらいで便秘が改善される?
A:個人差がありますが、目安は1~2ヶ月

便秘解消に限らず、「どれくらいで効くか」という質問は多数頂きますが、個人差があるものですから一概にお答えすることはできません。
目安としては1~2ヶ月くらいですが、もっと早く効果が実感できるケースも当然あります。

「効果倍増!プロバイオティクスの極意」で紹介している内容をしっかりと実践できていれば、かなり早めに実感が得られるのではないでしょうか?
逆に日常生活のリズムをなおざりにしてしまうと、あまり充実した結果は得られないかも知れません。

できるだけ早く実感を得るには、乳酸菌サプリをしっかりと選ぶこと。
また、選んだサプリを毎日飲み続けることが大切です。
それに合わせて腸のマッサージや生活リズムなども意識していきましょう。

Q:副作用はありますか?
A:いいえ、副作用の心配はありません

乳酸菌をはじめとするプロバイオティクスは医薬品ではなく健康食品。
その為、副作用が生じるということは基本的にありません。
心配せず、安心して摂取して大丈夫です。

ただし、極端に過剰摂取したり、消費期限が切れたものを摂取するのは避けるべき。
基本的にはスーパーなどで買ってきた食品と同じ様に扱っていれば、大きな問題になることはありません。

Q:一緒に食べた方が良い食品はありますか?
A:下記の食品をぜひ積極的に摂ってください!

腸の状態をキレイにするには、できることは何でもやるべき!
栄養バランスなども考えながら食事メニューを考えていけば、ビタミン類などの美容成分による「美肌やアンチエイジング」にも効能が期待できます。

筆者のおすすめはアボガド。
森のバターと言われるほどの豊富な栄養素と食物繊維の含有量が魅力です。
一個だけでもゴボウの半分に匹敵する食物繊維が含まれていますからね。

さらに、ワカメなどの海藻も是非食べるようにしてみて!
海藻の独特なヌメりはアルギン酸という水溶性食物繊維です。
腸の有害物質を吸着して排出してくれます。
また、腸管の働きをスムーズにするマグネシウムも含まれているというのが嬉しいですね。

Q:避けた方が良い食べ物はありますか?
A:何事もバランスが大切ですが、強いてあげるなら・・・

夜食は避けた方が良いでしょう。
最低でも就寝の3時間前からは何も食べない様に気を付けることが便秘解消のポイントです。
朝食を抜くのも便秘の原因。
腸のぜん動運動のスイッチが入らず、一日を通して排便力が低下してしまいます。

また、肉類を食べ過ぎていたり、お菓子を食べすぎるのもNG。
脂っぽい食べ物も避けましょう。