画像 画像 画像 画像
画像

生きてる乳酸菌と死んでる乳酸菌がある?

現在発売されている乳酸菌サプリメントにおきましては、様々な種類から選ぶことが出来ますが、多くの乳酸菌サプリメントは「生きて腸に届く」ということを宣伝している商品が多くなっています。
ヨーグルトなどといった乳酸菌が豊富に含まれている食品を食べたとしても、実際にはその多くは胃液や腸液などで死んでしまうことになり、大腸にまで届くころにはその多くが死滅してしまっているのです。
このことから一時期、ヨーグルトを食べたとしてもそこまで意味がない、どうせ腸に届く前に死んでしまうものだから…などと言われていることがありました。

それらのイメージを無くすためにサプリメント会社では、乳酸菌を生きたまま腸まで送り届けることの出来る設計開発を重ねていき、商品化に成功をすることが出来たのです。
しかし、生きたままの乳酸菌を摂取することが出来なければ、その効果は得ることは出来ないのではないか?っという考え方は間違いとなります。
生きたままの状態の乳酸菌を腸まで届けることに越したことは無いのですが、死んでしまった乳酸菌=死滅菌というのは、その効果はきちんと認められているのです。

まず死んでしまった乳酸菌というのは、腸の中で善玉菌の餌となりますので、腸内で善玉菌の活性化を促進してくれます。
実際により確実に乳酸菌の効果を得ることが出来るのは、この死滅菌ということになるのです。
腸内では、固有の善玉菌が存在していますが、この善玉菌というのは固有の自分だけのテリトリーをもっており善玉菌同士で争いが行われているのです。
外部から生きたままの乳酸菌を摂取したとしても、このテリトリーと共存することが出来なければ、すぐに排除されてしまうことになり、腸に生息していくことが出来ないのです。
死んでいる乳酸菌というのは、すでに生息をしている乳酸菌に活性化を託し、腸内環境を改善してくれる効果がありますので、より確実に乳酸菌の効果を実感することが出来ることになるのです。